Study abroad

高校生語学留学のすすめ

学生

世界の人口70億人の内、日本人は約1億人です。私たちの母国語は、世界規模で見ると70分の1の人にしか通じません。それでは英語はどうでしょう。ネイティヴスピーカーは4億人程度と言われていますが、英語を話せる人は世界で17、5億人いるそうです。単純計算でも、英語を話すことができれば世界の人口の25パーセントの人と話すことができます。そして英語を身につけるには、英語の生活に身を置くこと、つまり「留学」が一番です。 高校留学に向いているのは好奇心が旺盛で、積極的な人です。異なった文化の国で生活すれば、食事や生活習慣などで多くのカルチャーショックを受けることでしょう。そんな時も文化の違いを楽しみ、受け入れることが重要です。そして何事にもチャレンジすることで留学生活はより充実したものになります。 留学は多くの費用がかかると思っている人も多いかもしれません。確かに、欧米やヨーロッパなど物価の高い国への留学は多額の費用がかかります。しかし、英語を学ぶために必ずも欧米などを選ぶ必要はないのです。近頃は、フィリピンやフィジーなどの語学学校も増えてきています。夏休みなどの長期休暇を利用したプログラムの種類も増えてきました。東南アジアは物価も安いので、初めてのお試し留学におすすめします。